ご質問は随時受付中♪お気軽にどうぞ♪

まずはこれから読んでみる

観察子構造(全体)

【かならず覚えよう】①観察子構造の解説(全体像)

ヌーソロジーの観察子構造は「空間観察子α」「次元観察子ψ」「大系観察子Ω」「脈性観察子Φ」の四つ。この観察子の基本的な呼び方と記号、さらには観察子の数や凝縮化など、ヌーソロジーの基本の「き」をご紹介。
基礎知識&人類の課題(シュタイナー思想)

カバラの「生命の樹」で見るヌーソロジーとシュタイナーの宇宙構造

カバラの「生命の樹」はヌーソロジー構造論のベースになっています。生命の樹の簡単な説明と、ヌーソロジーの構造がどのように符号するのか、さらにはシュタイナーの高次宇宙とも照らし合わせながら詳しく見ていきます。
基礎知識&人類の課題(シュタイナー思想)

シュタイナー思想のご紹介~シュタイナーとヌーソロジーの類似点~

偉大なる神秘思想家にして哲学者、教育者でもあるルドルフ・シュタイナー。彼は驚異的な霊視能力で、膨大な宇宙情報を得て、宇宙の誕生から私たち人類が目指すべき姿まで、さまざまな霊性に関する教えを与えてくれます。シュタイナーの宇宙観はヌーソロジーと類似しており、ヌーソロジーを理解する上では欠かせない人物です。
基礎知識(全般)

冥王星が人類にもたらした影響~ヌーソロジー誕生物語~

冥王星(プルート)は1930年代にローウェル天文台のトンボーによって発見されました。プルートはギリシア神話に登場する冥界の神プルートから取られ、霊魂の死と再生を司る神で知られています。その神のように、冥王星は人類にたくさんの死と再生を与えました。
基礎知識(全般)

冥王星OCOT(オコツト)について~ヌーソロジー誕生物語~

冥王星OCOT(オコツト)が半田広宣さんにチャネリングを行ってきたのは1989年、冥王星が太陽にもっとも近づく近日点の年でした。OCOTからもたらされる情報は日本語ですが人間にはない概念で、とても難しい内容でした。この出会いをきっかけにヌーソロジーは誕生することとなります。
ヌーソロジー

「感じるより、それを超えて考えろ」by半田さん

一般的なスピリチュアルの教えは、マインドを離れ「感じる」ことを大切にします。しかし、ヌーソロジーでは「感じるを超えて考えろ」と言います。その理由は、ヌーソロジーが教える神の知性は感性を超えた先にあるものだから。シュタイナーの教えも合わせて、考えることの大切さを解説します。
基礎知識(全般)

【初心者向け】ヌーソロジーを学ぶうえで抑えておきたい哲学三選!

ヌーソロジーは「宇宙哲学」でもあるため、ある程度哲学の基礎知識が必要になります。今回は、哲学も知らないヌーソロジー初心者さん向けに、私が厳選した哲学の理論を三つご紹介します。参考動画もご紹介しているので、楽しくわかりやすく勉強できると思いますよ。
ヌーソロジー

【必読】ヌーソロジーを学ぶ前に押さえておきたいポイント5点

ヌーソロジー初心者さんにぜひ読んでいただきたい!ヌーソロジーを学ぶ前に押さえておきたいポイント5点のご紹介です。前提情報をしっかり押さえておくことで、難しく感じるヌーソロジー学習も、気楽に楽しく勉強できます。あわせて本家ヌーソロジーと私の解釈の違いもご紹介していますので、ヌーソロジー学習前にかならずご一読ください♪
タイトルとURLをコピーしました