ご質問は随時受付中♪お気軽にどうぞ♪

シュタイナー思想のご紹介~シュタイナーとヌーソロジーの類似点~

シュタイナーアイキャッチ基礎知識&人類の課題(シュタイナー思想)
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、ルドルフ・シュタイナーについてご紹介します。

今日はヌーソロジーをさらに楽しく、より詳しく理解するために欠かせないもう一つの思想、

シュタイナー思想

についてご紹介します。

ルドルフ・シュタイナーについて

20世紀初頭に活躍した、神秘思想家ルドルフ・シュタイナー。

シュタイナー

(Rudolf Steiner, 1861年2月27日 – 1925年3月30日(64歳没))は、バルカン半島のクラリェヴェクで生まれ、オーストリアやドイツで活動した神秘思想家、哲学者、教育者である。

ゲーテの自然科学論や学芸雑誌の編集に携わりながら、前衛的な団体やアナキズムの傾向をもつ人々と関係するようになり、ニーチェ主義的な自由思想の立場に至るが、神秘思想の講演者に転身し、人智学(アントロポゾフィー)と称する精神運動を創唱した。人智学運動は神智学協会の神智学運動から派生したものであるが、インド思想に傾倒した神智学協会よりもキリスト教神智学に近い性格をもっており、ロマン派の自然哲学、グノーシス、薔薇十字思想の流れも汲んでいる。

Wikipediaより

ヌーソロジーの提唱者半田広宣さんも、動画でシュタイナーについて詳しくお話してくれています。

シュタイナーといえば、「シュタイナー教育」で有名ですよね。

日本にもシュタイナー学校があり、調べたところによると、俳優の斎藤工さんはシュタイナー学校の卒業生だそうです。

シュタイナーは哲学者、教育者として有名ですが、彼はものすごい霊的認識力も持ちあわせていたそうです。

20歳のころにはすでに、本格的な霊的認識力を身につけていたそうですが、霊的なことを語るには年齢が必要とのことで、40歳のころから本格的に霊的世界を語りはじめたそうです。

シュタイナーの霊視力は超人的で、しかも膨大な霊界情報・宇宙情報を霊視力で得ています。

この霊視能力に恐れを感じた当時のナチスドイツが、シュタイナーを暗殺しようと毒をもったそうです。

そのときシュタイナーは一命をとりとめましたが、その毒の影響により、1925年64歳で亡くなりました。

シュタイナーの教え

そんなシュタイナーは霊視を通して得た霊界・宇宙情報を元に、「人類はこれから先どう歩んでいけばよいか」という難題に対して、私たちにとても重要な教えを残してくれました。

今この時代は、人類が霊性の回復へ向かう時期である。

人類の未来は、人類自身の選択に任されている。

人類は今、自らの中の霊性を覚知し、人間の魂の奥深くに内在する、本来の理想への道を歩むのか、あるいは物質文明に埋没し、本当の意味での人間の独立と尊厳への道を閉ざしてしまうのか。

今、その分岐点に立っている。

この時代はどちらの道を選ぶかは、私たち一人ひとりに任されている。

上記の言葉はシュタイナーというより、シュタイナー研究者の福田秀樹さんの言葉でシュタイナーの想いを語られています。

今の時代は、物質文明の底の底に位置する時代だそうです。

科学技術で何でも解決できるんじゃないだろうか?

そんな思いを私たちは持ち、そこに希望を託します。

科学技術が発達すれば私たちの生活は楽になり、文明も発展する。

そう誰もが思っています。

しかし、それは誤った考えです。

私たちがこの世界に生まれた理由は、科学技術を発達させるためでも、文明を発展させることでもないんです。

長生きすることでもないんです。

私たちがこの世界にいる理由は…

一人ひとりの霊性を育て、独立した霊(自由霊)になるため。

そのために物質世界に生きている。

それをシュタイナーは、自らが霊視した膨大な霊界・宇宙情報をもとに、

  • なぜ宇宙にはそういった目的があるのか
  • 人間はどのように誕生したのか
  • これから先人類はどう歩むべきか

などを私たちに教えてくれます。

シュタイナー思想とヌーソロジー

シュタイナー思想の解説は、以下書籍を参考にしていきます。

シュタイナー思想とヌーソロジー

こちらの書籍は廃盤になっていて、Amazonなどで中古を買おうにも、数万円くらいする値段がついてしまっていて、購入が大変難しくなっています。

ヌースアカデメイアさんの方で、電子書籍として復活するかも?という話があるそうなので、早い復活が望まれます。

私は幸運にもこの書籍を買うことができ、必死で読み込んで勉強しました。

シュタイナー02
natan
natan

約8,000円もする本にマーカー引いちゃうなんて、すごい度胸(笑)

約700ページもあり、読むだけでものすごくお腹いっぱいになる内容です。

シュタイナー03

この書籍の中から、ヌーソロジー理解に必要なこと、そして私たち人類が目指す姿に関する内容を厳選してお届けしたいと思います。

シュタイナーとヌーソロジーの類似点

シュタイナー思想がなぜヌーソロジーと関連があるかといえば、それは…

シュタイナーの霊視した宇宙観とヌーソロジーの宇宙観が似ているから。

ヌーソロジーは宇宙の構造、骨組みの話であり、シュタイナーはそこに肉付けをしてくれるようなイメージです。

ヌーソロジーとシュタイナー思想には、このような特徴の違いがあります。

  • 【ヌーソロジー】東洋/仏教的/男性的/宇宙の骨格の話
  • 【シュタイナー思想】西洋/キリスト教的/女性的/膨大な宇宙情報

ヌーソロジーは「男性的」、シュタイナー思想は「女性的」なので、感性派のヌーシストさんには理解しやすい内容だと思います。

ですが、シュタイナー思想は情報が膨大なので、シュタイナー思想とヌーソロジー、二つの思想を臨機応変に使い分けていくのがいいかなと思います。

ヌーソロジーでわからないところはシュタイナー先生に聞いて、シュタイナー思想でゴチャゴチャしてきたら、ヌーソロジーでカチッとスリムにまとめる!

こんな感じですね。

それでは次回より、シュタイナー思想について解説していきます。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました