ご質問は随時受付中♪お気軽にどうぞ♪

ヌーソロジー(全記事一覧)

おすすめ動画

【おすすめ動画】熱いぜ!ヌーソロジー!by武蔵野学院大学高橋学長

武蔵野学院大学、高橋学長のYouTube番組『熱いぜ!ヌーソロジー!』をご紹介☆高橋学長が熱く楽しく面白くヌーソロジーの魅力を発信していらっしゃいます♪
ヌーソロジー

胎児で見る元止揚の曼荼羅の世界

宇宙のはじまりであり終わりである人間は、宇宙のすべてを象徴していると考えます。そこで人間の胎児をベースに観察子構造を描いてみたら、面白い世界が見えてきました。
観察子構造(全体)

元止揚は水晶玉―付帯質の内面(イデア)への侵入とは?

半田さんがよくおっしゃる「付帯質の内面への侵入」という言葉の意味がよくわからなかった私。しかし、元止揚は水晶玉に似ているという発想と、半田さんのツイートやインスタグラムで人気の撮影技法をかけあわせて、私なりの「付帯質の内面への侵入」を見出しました。
ヌーソロジー

観察子構造から読み解く、不思議な意識体験の検証(仮説)

これまで不思議な意識体験を何度か経験してきましたが、この意識状態は一体何なんだろうと思い、観察子構造で読み解いてみたら、一つの仮説が浮上してきました。今回のお話は感性派ヌーシストならではの内容ですので、オモシロ楽しく読んでいただければと思います。
観察子構造(全体)

双子を身ごもる思形と感性―ミックスツイン構造のご紹介

思形と感性は、自己側と他者側の観察子が複雑に交差しているため、構造内を読み取ることがなかなか難しいものです。そこで私が考案したミックスツイン構造を用いると、思形と感性の構造内だけでなく、それらが下次元にどのように影響を及ぼしているのかひと目でわかります。ミックスツイン構造を用いて思形と感性を解説します!
観察子構造(全体)

「潜在期」と「顕在期」の次元観察子の違い―人間型ゲシュタルトの意識は「ψ*」側

今回は学びのレベルを上げて、ヌーソロジーシリウスコースとして、人間の元止揚の正確な観察子の捉え方について解説していきます。これまで自己意識はすべて「ψ」で解説してきましたが、正確には人間型ゲシュタルトの意識は「ψ*」側を持ちます。
基礎知識(全般)

「自己と他者」という概念の捉え方について―ヌーソロジーの構造に物語性を持たせよう!

なぜヌーソロジーでは構造論に「自己と他者」という言葉を用いるのでしょうか?その理由は宇宙の構造がもつ見えない特徴を感じとるためだと私は考えています。私なりの「自己と他者」の捉え方についてご紹介します。
ヌーソロジー

感性派ヌーシストにとっての思形の使い方―心の中をアウトプットする

感性派ヌーシストも思形を使うことは大切ですが、しかし無理して物理、数学、哲学を勉強しなくてもいいと考えます。その理由は感性派にとっての思形の使い方があると思うからです。それは心の中を言語化を通してアウトプットすることです。
ヌーソロジー

感性派ヌーシストがヌーソロジーを理解するために大切なこと

ヌーシストには思形派と感性派の二種類があり、自分がどのタイプかを知ることによって、ヌーソロジーの学習方法が異なってきます。当サイトは主に感性派に向けた情報発信をしているので、感性派ヌーシストの特徴とオススメのヌーソロジー学習法について解説します。
基礎知識(全般)

【保存版】ヌーソロジーの思考とは―「ヌーソロジーって何?」と聞かれたら、この内容を話せばOK☆

「ヌーソロジーって何?」と聞かれて上手く話せない自分にウズウズしてしまうことってありますよね。そんなアナタのために、動画『ヌースビギナーズラック』から「この内容さえ話せたら完ぺき!」という部分を書き起こしたので、ぜひ参考にしてみてください♪
タイトルとURLをコピーしました