ご質問は随時受付中♪お気軽にどうぞ♪

【シュタイナー】魂の脆弱性について~感覚魂の克服~

三つの魂アイキャッチ基礎知識&人類の課題(シュタイナー思想)
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、魂の脆弱性についてお話します。

このお話は、今後ヌーソロジーでも関連してくるお話になります。

◎前回までのお話はこちら↓

魂の脆弱性

魂には三つの種類(感覚魂、悟性魂、意識魂)がありますが、それぞれの魂には気をつけなければいけない脆弱性があります。

感覚魂に影響される

感覚魂は、一番最初に形成された「人間の基本的本能」ともいうべき特徴を持った魂です。

そのため、悟性魂や意識魂はこの感覚魂に影響され巻き込まれる危険性があります。

悟性魂の脆弱性

悟性魂は、感覚魂の「低次の情欲・衝動」などに影響され、巻き込まれる危険性があります。

意識魂の脆弱性

意識魂は、感覚魂に含まれる「快・不快、共感、反感」を取り去った真理、永久的真理が生きている場所であり、自我を成熟させるという自我の本質も生きている魂です。

しかし、上記に挙げた悟性魂が感覚魂の低次の部分に影響されると、意識魂もそちらに引き込まれてしまう危険性があります。

この「感覚魂に影響される」という、たった一つの要因こそ、人間が長い年月をかけて克服していかなければいけない最も重要な課題なのです。

感覚魂の克服

人間が感覚魂により経験したさまざまなことを克服し、霊性に満たされていくと、悟性魂は拡大し、意識魂は成長していきます。

魂07

しかしその反面、「快・不快、情動、欲望」に流された低次の感覚魂に支配されて人生を過ごしていると、悟性魂は感覚魂との境界に限りなく合致するようになります。

そして、意識魂もろとも荒廃してしまう危険性をはらんでいます。

拒否

大人になればなるほど、

感情を抑えて、理論的に物事を考えて行動しなさい。

と、親や社会から教わります。

しかしこの感覚魂は、「感情を抑える」ということではなく、

それを「克服」するという姿勢がもっとも大事

なんです。

「我慢」と「克服」はまったく意味合いが異なります。

だからこそ、自己の内面を見つめて心の問題解決に励んだり、自己を省みる行為が大事なのです。

その「克服する」という行為は、悟性魂の思考によってなされていきます。

今後の人類の目標

もし感覚魂を克服することができ、魂それぞれが上手く機能した場合、これらの活動が意識魂の永遠の真理を大きく、強くさせて、意識魂を成長させるようになります。

その結果、低次の自我が「真の自我性」へと変化していきます。

なのでこれからの人類は、

  1. 感覚魂が物質世界で経験する、「動物的情欲」「衝動」などの低次の意識を、悟性魂の思考の働きによって克服する
  2. 物質世界において霊性を認識することで、意識魂の成長を促す

このような活動を「意識的に」行っていかなければいけないのです。

まとめ

けっして楽な道のりではないことはたしかです。

霊性の向上には第一に、自己の内面に真摯に向き合うしかないと考えます。

それを手助けするために、悟性魂という魂が私たちには備わっていると思うのです。

魂の働きを学ぶことで、より一層

霊性向上には自己改革が必要である!

ということが理解できますね。

次回は、私たちが生きる「意識魂の時代」について、今後どう人類が進んでいくかについてお話したいと思います。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました