ご質問は随時受付中♪お気軽にどうぞ♪

α7~8(ψ1~2)の膨張・収縮について思うこと~霊(タマ)の生命の鼓動~

シャボン玉ヌーソロジー
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、α7~8(ψ1~2)の膨張・収縮について、私が思ったことをお話したいと思います。

記事を読むときの注意点

以下の解説は、本家ヌーソロジーの内容を私流に解釈したものです。本家ヌーソロジーの解説とは異なりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

空間観察子α7~8は物質の内部空間

前回は、空間観察子の領域において、どのように次元上昇が起こっていくかを見ていきました。

空間観察子06

空間観察子の世界とは、「物質の内部空間」です。

自分が虫になったつもりで、リンゴを内側からムシャムシャ食べるイメージをしてみてください。

その虫から見える空間が、空間観察子の世界だと思ってみてください。

りんご

でも空間観察子はまだ内部空間なので、表面は見えてきません。

リンゴの表面が見えるには、リンゴを取り囲む「外部空間」という領域が必要になります。

ですので、空間観察子の一つ上の領域である「次元観察子」という領域から、外部空間が出現してきます。

空間観察子03

空間観察子α7~8は膨張と収縮

空間観察子のα7~8の領域は、「膨張・収縮」という動きを持っている領域です。

空間観察子02

その「膨張・収縮」から、次の領域である次元観察子ははじまります。

「膨張・収縮」は、次元観察子の世界ではψ1~2へ凝縮化されます。

ヌーソロジーでは今後、どんどん観察子が上がっていくので、その様子がわかる動画をご紹介しますね。

ψ1~2(α7~8)が「膨張・収縮」という動きを取っています。

natan
natan

今は、動きだけ見ていただければ大丈夫ですよ♪

次元上昇の不思議

私たちの一般的な(間違った)次元認識は、「点→線→平面→立体…」というように、ただ形が変わっていくといったようなものです。

立体

しかし、ヌーソロジーでは「線→回転→膨張・収縮」といったように、形の変化だけでなく、「動き」が伴っています。

次元上昇に「動き」が伴うことも、今の私たちにはなかなか理解しづらいものがありますね。

さらに、空間観察子αの世界は、物質の内部空間です。

物質の内部空間を表す領域に、なぜ「膨張・収縮」といったような動きがあるのでしょう?

なんで物質が、「膨張・収縮」という動きをとっているの?
物質は、膨張も収縮もしていないよ?

natan
natan

たしかに、たしかに。

私もこの話を知ったばかりのころは、頭の中が「?」だらけでした。

次元構造は霊的な力を持っている

じつは、ヌーソロジーでお話している次元構造や、ヌースやノスといった力は、

霊的な力

なんです。

なので、私たち人間は見ることができない力なんです。

物質内部の「膨張・収縮」という動きがあることも、私たちには見ることも感じることもできません。

その理由は、

私たち人間が霊的な能力を封印しているから

だと思われます。

物質=霊(タマ)

私たちが、普段目にしている物質もそうです。

「本当の物質」とは、私たちが考えている物質とは違うんです。

正確には、

  • 霊的な物質
  • 霊(タマ)

だそうです。

物質とは、「ヌース」「ノス」という二つの霊的な力によって生成されているので、本来は丸い玉のようなカタチなんだそうです。

古代人はまだ霊的世界とのつながりが強かったため、物質を玉のカタチで見ていたそうです。

なので、古代人は物質のことを「霊(タマ)」と呼んだそうです。

私たちに霊(タマ)は見えない

私たちが見ている物質は、その霊(タマ)がなくなった状態。

たとえるなら、シャボン玉がパンッ!と割れて、そこに残ったものが「物質」と呼んでいるもの、というイメージかなと。

タマ

ヌーソロジーでは、その霊的な力が見えない状態を

中和された状態

と表現します。

半田さんはよく、

半田広宣さん
半田広宣さん

僕たち人間は、中和されているから、その霊的な力が見えないんです。

というように、「中和」という言葉を使われます。

また半田さんは物質のことを「精神の死がい」「等化の痕跡」などとも表現されます。

そのように表現される理由は、物質とは「霊(タマ)」の状態が本来の姿だからだと思われます。

natan
natan

こう言ってしまうとアレですが、物質は霊(タマ)の「ウンチ」みたいなイメージですね(笑)

「膨張・収縮」とは一体何か?

お話戻りまして…。

私個人の考えとして、なぜ物質内部に「膨張・収縮」という動きがあるかというと、それは…、

霊(タマ)の生命の鼓動

だと考えています。

「ドックン!ドックン!ドックン!」という、人間にも似た、霊(タマ)の心臓の鼓動のような動きです。

その霊的な命の鼓動が、空間観察子の世界で誕生していると考えています。

natan
natan

ママのお腹の中にいる赤ちゃんと似ているかもしれませんね。

妊婦03

なので、霊(タマ)という、物質の大本の存在も

生命そのもの

なんだと思います。

しかし、私たちはその霊的な鼓動や霊(タマ)が消え去った(中和した)、カチッコチの状態の物質しか捉えられないんです。

何か身近にある物を手にとって、自分の耳を当ててみてください。

物質から鼓動は聞こえますか?

natan
natan

聞こえないですよねー!!

だから半田さんは、物質のことを「精神の死がい」とおっしゃるんだと思います。

どこにも生命が感じられない、死がいのような物質。

ウンチです、ウンチ。

なんとも寂しいお話です…。

まとめ

まぁ、「膨張・収縮」が霊的な生命の鼓動かどうか定かではありませんが(笑)

でも「膨張・収縮」を生命の鼓動として捉えると、α7~8(ψ1~2)を覚えやすいのではないかなと思います。

いつかその霊的な力を、感じ取れる日がくるといいですね♪

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました