ご質問は随時受付中♪お気軽にどうぞ♪

なぜ地球は回る?地球の自転と公転は次元階層の違いを表している

地球の自転観察子構造(全体)
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、なぜ地球は回っているの?というお話です。

みなさんはなぜ、地球が自転と公転をしていると思いますか?

この疑問に対しても、ヌーソロジーは驚く答えを教えてくれました。

このブログは「ヌーソロジー初心者さん向け」なので、ヌーソロジーの面白さを知ってもらうために、今日はわかりやすさを重視して、簡単な説明で解説してみたいと思います。

▼ 参考文献 ▼

記事を読むときの注意点

以下の解説は、本家ヌーソロジーの内容を私流に解釈したものです。本家ヌーソロジーの解説とは異なりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

ヌーソロジーの四つの階層

ヌーソロジーでは、私たちの世界は四つの次元階層で構成されているといいます。

  • 第一階層:物質の内部空間
  • 第二階層:一つの物質の外部空間
  • 第三階層:一人の人間の周囲の空間
  • 第四階層:無数の人間(地球)の周囲空間
次元階層01
次元階層02

私たちの既存の次元観と、まったく違いますね!

詳しいお話は後日、空間認識シリーズに入ったときにお話したいと思います。

地球の次元

以前、「物質を立体だと認識するのは、自分が外から物質世界を見ているからだ」とお話しました。

このことによって、物質と「わたし」は、それぞれ存在している次元が違うということがわかりました。

なので、上記の図「第二~第三階層」までは、次元の違いが何となくお分かりいただけるかと思います。

立体04

では、私たちと地球の関係はどうでしょう?

みなさんは、自分と地球が同じ次元だと思いますか?

natan
natan

じつは、違うんです!

地球は人間より上次元に存在しています。

地球02

次元が上がっている何よりの証拠が、

地球の自転運動

なのです。

空間観察子の回でお話したように、宇宙は次元上昇(等化)を行うとき、何をしたでしょうか?

回転ですよね。

じつは、地球の自転が「次元が上がってるぜ~!」ということを教えてくれているんです。

太陽の次元

さらに、地球は自転しながら、太陽の周りを周回していますよね。

これを「公転運動」とよぶのですが、イメージにすると、自転のくり返しが、コイルを潰したような状態で表されます。

公転

公転運動は、地球の自転の集まりでもあるので、

太陽は地球より上の次元に存在している

ということを教えてくれています。

OCOT情報によると、惑星の自転と公転は、重力が関係しているのではなく、

OCOT
OCOT

諸惑星の自転、公転という二つの回転運動は、次元等化(次元上昇)の作用が原因となって、私たちの意識に映しだされているものです。

だそうです。

さらに、太陽系に映しだされた惑星の公転軌道とは、

次元間の区切りのようなもの

とのこと。

natan
natan

諸惑星の次元の違いが、公転運動に表れているなんてビックリですね!

諸惑星は霊的次元の現れ

私たちは、宇宙空間までも3次元空間という、一つの次元でくくってしまっていますが、じつはそれは間違いなんですよね。

カバラの「生命の樹」の回でもお話したように、もともと霊的領域(真の宇宙・高次宇宙)があって、それが私たちの時空に映しだされています。

その霊的領域は、「ケテル」や「マルクト」といった名前の他に、別の領域名が付いています。

それが「惑星名」なんです。(惑星次元といいます。)

惑星次元

霊的領域が惑星の名を持っているから、私たちの時空間に「物質的惑星」として映しだされています。

なので、今日のお話は霊的領域において、地球次元と太陽次元は階層が異なるため、私たちの時空間では地球が自転し、さらには太陽の周りを周回するという形で、地球と太陽の次元階層の違いが表現されています。

まとめ

人類の宇宙科学の知識を持ってしても、なぜ惑星が回っているのか、宇宙のすべてが回っているのか、解明されていません。

しかし、ヌーソロジーはあっさりその答えを教えてくれました。

「次元階層の違いを表現している」。

なんともシンプルな答えであり、まだ見ぬ真の宇宙の奥深さを感じさせるものですね。

宇宙のオモシロ話として、家族や知り合いの方に話してみると、みんなにビックリされること間違いなし!

次回もお楽しみに♪

▼ 参考文献 ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました