ご質問は随時受付中♪お気軽にどうぞ♪

【シュタイナー】宇宙と人間創造⑤月紀/水の誕生/魂の特性の獲得

宇宙と人間創造―月紀宇宙と人間創造(シュタイナー思想)
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、月紀についてお話したいと思います。

◎前回までのお話はこちら↓

▼ 参考書籍 ▼

この記事で学べること
  • 月紀では「水」と霊的な「音」が生まれる
  • 魂の特性を獲得する
  • 人間の形態は液体状となる
  • 悟性魂の萌芽を植え込むために、一度月と太陽が分離する

月紀のはじまり

太陽紀もやがてプララヤ状態(休眠期)となり、宇宙の消滅が訪れます。

そして、プララヤからマンヴァンタラ(目覚め)を迎え、新たな宇宙としての

月紀

が出現します。

月紀においても以前と同様に、はじまりは土星紀→太陽紀の、それぞれの各段階を短くくり返します。

宇宙創造過程05

水の誕生

この月紀では太陽紀よりも濃縮化がさらに進み、気体だけでなく液体、すなわち「水」が生じます。

また、ここでは霊的な音である音響エーテルが生じます。

水

魂の特性の獲得

そして、太陽紀の進化過程で、能力を高めた運動霊デュミナスの働きによって、人間にアストラル体(感情体あるいは感覚体ともよぶ)が流入され、はじめて、

魂の特性(感覚・感情)

が獲得されました。

それによって人間は、太陽紀で得られた植物的な眠りの意識から、感覚体験を持つようになり、内面に下記が生まれることとなります。

  • 快、不快
  • 願望や欲望

人間の容姿は液体状に変化

また、さらなる凝縮化によって、月紀の人間の形姿は、ガス状から液体状へと変化しました。

そして、蒸気のような環境に溶け込む状態で、生活するようになります。

さらに、外的な出来事がイマジネーション(象徴)として意識に現れることになり、さらに高次存在(創造神)たちもまた、人間の意識に現れるようになります。

雲

自我集団の登場

さらに月紀の人間存在は、一方で天使存在アンゲロイ「生命の子」らと深く結びつき、特定のグループごとに、一人の生命の子を共有する集団自我として存在するようになります。

そしてまた、生命の子らも人間集団に目を向けるとき、彼ら一人ひとりがそれぞれの自我を感じ、成長して人間段階に到達していきます。

宇宙創造神14

記憶力と悟性魂の萌芽の植え込み

さらに、月紀の人間のエーテル体には、再び大天使アルヒャアンゲロイが働きかけ、「記憶力」が組み込まれます。

さらに、叡智霊キュリオテテスの働きにより、理性思考の働きをする

悟性魂の萌芽

も植え込まれます。

ただし、この月紀にこのような働きを生じさせるためには、この時期、月から太陽がいったん分離するという大変化が必要でした。

その出来事が生じた後、月紀の終わりになって、分離した太陽と月は再び合体します。

月紀はここでプララヤ状態となり、宇宙は再び眠りにつきました。

そしていよいよ次の宇宙、

地球紀

がはじまります。

まとめ

画像も作れないくらい、想像が難しい宇宙観です(笑)

次回はいよいよ地球紀に入ります。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました