Youtube「ろじろじラジオチャンネル」はこちら♪

【純粋持続とは①】なぜ私たちは時間の流れを認識するのか?

持続アイキャッチ基礎知識(全般)
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、時間の流れについてのお話です。

これまで、「無限遠点」についてお話してきました。

「わたし」という主体は、この物質世界を「外」から眺めています。

そこは「無限遠点」と呼ばれる「無限に遠い場所」です。

今日はその「わたし」という主体が、物質世界を「外」から見ていることについて、「時間の流れ」を例にあげてお話したいと思います。

さらに、ヌーソロジー独特の用語や世界観にも少しずつ触れながら、ゆっくりとヌーソロジーの世界に入っていきたいと思います。

記事を読むときの注意点

以下の解説は、本家ヌーソロジーの内容を私流に解釈したものです。本家ヌーソロジーの解説とは異なりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

この世界を見ている存在

前回の記事の復習になりますが、この物質世界を認識しているのは「わたし」の肉体ではなく、

「わたし」という主体(存在)

です。

そう言われても、大抵の方は、

いやいや…、この世界を見ているのは私の「目」よ。

だから肉体がこの世界を認識しているのよ。

と言うかもしれません。

natan
natan

はたしてそれは本当でしょうか??

電車を使って時間を解説してみる

私たちは時間は「過去→現在→未来」へと、直線状に進んでいると感じています。

目覚まし時計

この時間の流れを、「電車」を例にあげて解説してみますね。

電車に乗っているとき

自分が電車に乗っているとき、窓の外を見たりしないかぎり、電車が動いているとは感じませんよね?

電車

都会の電車は加速が速いので、体感的に動いているのはわかりますが(笑)

natan
natan

一旦そういう体感的なことは置いておいて(〃・・)っ

視覚限定でお話を進めます!

電車に自分が乗っているときは、

電車と自分が一体化

している状態です。

なので、時間の流れを認識することはできません。

電車を外から見ているとき

それとは逆に、自分が外から電車を見ると、「あ…電車が動いている」と知ることができますよね。

電車02

このように、時間の流れを感じられるのは、

電車を「外」から見ているから

という、「外」が重要なポイントになります。

みなさんに質問

では、お話をふり出しに戻しますね。

再度みなさんにお聞きします。

私たちは時間は「過去→現在→未来」へと、直線状に進んでいると感じています。

さて。

natan
natan

なぜ私たちは時間の流れを感じられているのでしょうか?

答え

電車の例にもあったように、時間を感じられる、認識できるのは

この物質世界を「外」から眺めているから

なのではないでしょうか?

もし「電車に乗っている私」の話にもあったように、「わたし」がこの物質世界の「中」にいたら、それは物質世界と一体化していることになり、「わたし」は時間の流れを認識することはできなくなります。

でも私たちは今も、そのまた数秒後も、時計の針が動く様子や、時間の流れを感じとることができています。

それは紛れもなく、私たちがこの物質世界を「外」から眺めているからに他なりません。

映画を使って解説してみる

たとえるなら、時間を感じているこの体験は、物質世界を映画のスクリーンを通して見ている状態に似ています。

映画館

もし自分が映画の中に入ってしまったら、それは映画のコマの一部と化してしまいます。

その「コマ」という世界では、時間の流れを感じることができません。

時間とは、時間の「外」にいるから感じられるものなんです。

フィルム

純粋持続の空間

その時間の「外」の空間、本当の「わたし」が見ているその場所、その空間のことをヌーソロジーでは

純粋持続の空間

といいます。

私たちは物質世界ではない、純粋持続の空間からこの世界を見ています。

それはけっして、私たちの肉体にある「目」が見ているものではありません。

「わたし」という「主体(存在)」が、この世界を時間の「外」から見ています。

今後ヌーソロジーを学ぶ中で、「目に光が入ってきて、それがレンズを通って~」という、唯物論的で物質科学的な視点は捨てていかなければいけません。

ヌーソロジーを学んでいくと、唯物論的思考がすべての妨げになっていることを知ります。

半田さんはこうおっしゃいます。

半田広宣さん
半田広宣さん

自分を首なし地蔵だと思え!

首なし地蔵
natan
natan

とてもわかりやすい表現ですよね(笑)

まとめ

以上、今日は電車を例にあげてお話してみました。

みなさんもぜひ、自分に問うてみてください。

わたしはなぜ時間の流れを感じているの?

わたしはどこからこの世界を見ているの?

答えは求めなくていいので、「自分に問う」ということをやってみてください。

その「問い」がとても大切です。

ちなみに私のオススメは、大勢の人がいる風景を見ながら、こういった疑問を問うことです。

私が腑に落ちる瞬間って、結構人混みの中とかが多いんですよね。

多分、世界を客観視するからなのかな?とも思います。

ぜひやってみてください。

次回もお楽しみに♪

コメント

  1. おかひじき より:

    natanさんこんにちは。
    純粋持続についてよく分からなくなったので質問させてください。

    純粋持続は記憶の場所であり本当の私がいる場所という認識なのですが
    無限遠点も本当の自分のいる位置なのですよね?

    最初は純粋持続の中に無限遠点があるようイメージを持ったのですが純粋持続=エーテル空間という事は宇宙の入口である無限遠点はエーテル空間だけでなく持続空間やアストラル空間なども含むより広い定義な感じなのでしょうか?本当の自分のいる位置や純粋持続と無限遠点の違いがよく分かりません。

    またバイスペイシャル感覚というのは純粋持続の中に入った時ではなく無限遠点に立った時にのみ起こるものなのでしょうか?

    純粋持続というのは単に過去の事を思い出している時などは純粋持続に入っているということなのでしょうか?

    色々分かっておらずまとまらない質問ですみません。

    「生まれてからここから一歩も動いたことがない」というバイスペイシャル感覚というのは

    • natannatan より:

      おかひじきさん、こんにちは(^^)

      >最初は純粋持続の中に無限遠点があるようイメージを持ったのですが……

      無限遠点は持続空間を認識していくためのスタート地点といったイメージです。

      >宇宙の入口である無限遠点はエーテル空間だけでなく持続空間やアストラル空間なども含むより広い定義な感じなのでしょうか?

      たしかに、おっしゃる通り、無限遠点は広い定義を持っているかもしれません。
      しかし、現時点で私たちが目指すべき位置は、エーテル空間の入り口としての無限遠点なので、「宇宙の入り口=無限遠点」というシンプルな解釈で今は問題ないと思います。

      >本当の自分のいる位置や純粋持続と無限遠点の違いがよく分かりません。

      無限遠点は宇宙そしてエーテル空間の入り口という理解で今は問題ありません。
      そして、純粋持続はそのエーテル空間(内部)のことを意味します。

      >バイスペイシャル感覚というのは純粋持続の中に入った時ではなく無限遠点に立った時にのみ起こるものなのでしょうか?

      そうですね、無限遠点に立ったとき、私はバイスペイシャル感覚を体験しました。
      たぶんそのときは純粋持続空間の入り口に立っただけだと思います。
      その内部にはまだ入れていない…と思います。

      純粋持続の中に入ったときも、変わらずバイスペイシャル感覚はあると思います。
      その感覚それ自体が、意識進化における私たちの新しいデフォルトの感覚になると思います。

      無限遠点が宇宙探究のスタート地点です。
      映画館や画面を見て楽しむアトラクションなどでは、自分の座っている位置は変わらずに、目の前にあるスクリーンの内容が変わっていきますよね。
      そのようなイメージで、自分は無限遠点に立ちながらヌーソロジーの思考と感性を働かせることで、どんどん持続空間が目の前に開いてくる、といったイメージだと理解できますでしょうか?
      これはあくまで比喩ですけどね(^^)

      >純粋持続というのは単に過去の事を思い出している時などは純粋持続に入っているということなのでしょうか?

      持続空間に入っているといいますか、アクセスはしていると思います。
      ただ、ヌーソロジーが言う持続空間は、自分の人生の記憶だけでなく、人類の全記憶さえも貯蔵している空間でもあると思うので、自分の記憶の回想は持続空間のほんの手前の手前(笑)くらいへのアクセスなのかもしれません。

      持続空間それ自体のアレコレは、正直なところ私にとっても未知の領域なのでわからないです。
      とりあえず無限遠点とは宇宙の入り口でありスタート地点といったイメージで良いと思います。

  2. おかひじき より:

    すみません。何度も書き直しているうちに最後の一文を消し忘れてしまいましたのでそれは無視してください。

  3. おかひじき より:

    natanさん

    ありがとうございます。
    無限遠点は持続空間を認識していくためのスタート地点であり宇宙の入口のなのですね。
    何だかローレンツ収縮の反転する一番狭まった部分に立って本当の宇宙側を見ているイメージアが湧きました。

    ごちゃごちゃして悶々としていた頭がスッキリ整理しました!

    いつもありがとうございます(^-^)

タイトルとURLをコピーしました