ご質問は随時受付中♪お気軽にどうぞ♪

「わたし」と無限遠点の関係について

ビッグバンアイキャッチ基礎知識(全般)
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、無限遠点について解説します。

◎前回までのお話はこちら↓

記事を読むときの注意点

以下の解説は、本家ヌーソロジーの内容を私流に解釈したものです。本家ヌーソロジーの解説とは異なりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

無限遠点とは?

球体も前回お話したように、円と同じく「無限」という意味を与えることができます。

シャボン玉

最新の宇宙情報では、「宇宙は球体である」といわれます。

球体宇宙
natan
natan

はじめてこの話を聞いたときは、「はい?」なんて思ったのをよく覚えています(笑)

宇宙論では、この宇宙は約138億年前に誕生したとされています。

ビッグバン

そして、宇宙が生じた場所を

無限遠点

と呼びます。

上記の画像を見てしまうと、無限遠点は私たち地球から「無限に遠い場所」と感じます。

無限遠点とはどこにあるのか?

しかし、上述したようにこの世界を「球体」と仮定した場合、無限遠点はどこにあるでしょうか?

natan
natan

思考実験をしてみましょう!

思考実験

イメージの中で、自分の頭上に広がる宇宙の一点を指して、「あそこに無限遠点がある」と決めます。

宇宙

その無限遠点に向けて、紙飛行機を飛ばします。

natan
natan

物理法則を完全に無視しますが(笑)

紙飛行機

するとどうなりますか?

世界は球体ですよね。

紙飛行機はどこに到着しますか?

答えは…

自分の背中

ですね!

不思議ですよね?

無限遠点に放ったはずの紙飛行機が、自分のもとに返ってくるなんて!

球体の始点と終点

この思考実験が伝えたいことは、

  • 無限遠点とは「自分」がいる位置のことである
  • 宇宙は「自分」からはじまった

球体の始点終点は「私」である。

ということになります。

よって、円も球体も「内的な意味での無限」と、スタート地点がゴール地点であるというような、形状特有の無限性もあわせ持っています。

思考実験

無限遠点に対する疑問

さらに不思議なことは、無限遠点は「無限に遠い場所」でしたよね?

それは自分がいるその位置ですが、その場所は「無限に遠い場所」と言えるでしょうか?

ただ「スタート地点がゴール地点だった」というだけですよね?

でもそこは無限遠点…。

自分が今いる地点と、無限遠点が指し示している場所は同じではないのでしょうか?

無限遠点の別の解釈

この無限遠点という言葉が持つ意味は、あることを教えてくれているんです。

じつはこの言葉は、

自分がこの世界を「見ている位置」が無限に遠い場所にある

ということを意味しています。

見ている位置?

私の肉体はこの世界にあるよ?

この世界を見ているのは、私の「目」でしょ?

なら私がいる場所、私がこの世界を見ている場所は、この世界だよ!

natan
natan

なんて思いますよね?

じつは、無限遠点という言葉はこういうことを教えてくれているんです↓

  • 自分の肉体と、自分が「見ている」位置は別である
  • この世界を見ているのは肉体ではなく「意識」である
  • 意識はこの物質世界にはいない
  • その意識がある位置こそが無限遠点
無限遠点02

じつは、「わたし」という意識はこの世界を「別の場所」から見ているんです。

物質世界に「わたし」の意識が存在していないからこそ、そこを無限遠点と呼ぶんです。

けっして、肉体がこの世界を見ているわけではないんです。

私の意識は一体どこからこの世界を見ているのか?

別の場所とは一体どこなのか?

この空間を見つけ出して、実際にその空間を体感(知覚)するところまで持っていくのがヌーソロジーです。

まとめ

すこし難しいお話をしてしまいましたね。

球体という形状と、無限遠点という言葉が持つ意味によって、頭が混乱する話になっているかと思います。

次回はこの「無限遠点」を、物理的な視点でさらにわかりやすく解説してみたいと思います!

次回もお楽しみに♪

コメント

  1. 今野昌利 より:

    時間の方向性を間違えています。ビックバンは過去で紙飛行機到着は未来なので同じところとは言えない。そもそも特異点の存在はヌーソロジーと矛盾します。特異点は存在しない。虚時間から宇宙が生まれたというホーキング博士の理論をヌーソロジーは採用すべきです。ビックバンで採用している図はそのように見えます。もっとも私はビックバンでは無くビックバウンスの説を支持していますが(笑)

    • natannatan より:

      本家ヌーソロジーはホーキング博士の理論は採用していると思います。
      この解説は私独自のものなので、本家とは一切関係ありません。
      球体状の世界を主観的に捉えた場合、宇宙のはじまりと終わりは「今、ここ」だったという話をしたいのです。
      そして、虚時間宇宙から生まれたのは、私たち自身です。
      宇宙のはじまりは自分だったということを伝えたかったのですが、知識のない人間にとっては正しい物理学の知識にそった解説は難しいですね。
      もちろん、大本の宇宙も虚時間から生まれています。
      その中で、私たち一人ひとりも虚時間から生まれ、今もそこから世界を見ています。

      私は今野さんのご意見は素直に受け止めています。
      でも、私には限界があり、正しく伝えなければならないことは重々承知ですが、ですがそれを超えて、もっと私には別に伝えたいことがあるのです。
      お叱りの声を受けるかもしれませんが、物理学との整合性は私にはあまり重要ではないのです。

      今後もご意見はそのまま素直に受け止めます。
      ですが、正しく伝えることと、もっとその先の伝えたいことを精査したとき、私なりの解説を優先させていただくこともあると思います。
      今野さんは本家ヌーソロジーの記事や書籍を読んだことはありますか?
      本家ブログの「時間と別れるための50の方法」シリーズを読んでいただくと、正しくヌーソロジーが伝えていることを知ることができると思います。
      ぜひ読んでみてください。

    • natannatan より:

      あと、私がなぜこういった解説をしているのか、一度サイトの記事を全部読んでからコメントいただきたいです。
      ヌーソロジーの書籍もまだ読まれていないのではないでしょうか?
      私はヌーソロジー学習を何巡もして、それでも理解できないと困っている方に情報発信をしています。
      ベースには本家ヌーソロジーの情報がありますが、それでもわからないという方に対して考えている記事です。
      ですので、本家の内容を思いっきり変えている部分も多々あります。
      変えたとしても、ゴールする部分は本家と一緒です。
      遠回りになるかもしれませんが、わからないという方の視点に立って、どうすれば少しでもヌーソロジーのエッセンスを感じとってもらえるか考えて記事を書いています。
      そこに正確な情報が必要なのではなく、わからない方を理解し、手を引いて一緒に前に進むことが私にとって重要なのです。
      もちろん、私も物理学の専門的知識は持っていないので、偉そうなことは言えません。
      私も専門的知識を持っていないからこそ、わからない方の視点に立っているのです、それは巡り巡って私の視点でもあります。
      今野さんには本家ヌーソロジーの方で学ばれることをオススメします。
      私の記事を読んで、「これがヌーソロジーか」と思われても困るので、一度本家で学ばれてください。
      どうか、よろしくお願いします。

      • 今野昌利 より:

        このサイトの主旨は理解しました。一つだけ参考意見を述べさせてもらうと「今とここ」を説明できないのは時間は次元であることが理解できていないからです。
        チャネリング本なのに日本の翻訳本だけで100万冊以上も売れている本があることはご存じですか? チャネリングの相手は宇宙を創造した意識エネルギーと自身を紹介しています。過去に自分とチャネリングできた人を別の本で紹介していますが孔子、老子、仏陀、ムハンマド、モーゼ、キリスト、マハトマ・ガンジー等中々の顔ぶれです。人間界から宇宙に至るまで幅広い課題を説明をしているため全四冊と大作ではありますが時間や今ここも所々で説明しています。まだお読みになっていないなら一読をお勧めします。本のタイトルは「神との対話」です。

タイトルとURLをコピーしました