ご質問は随時受付中♪お気軽にどうぞ♪

【ψ5~6】持続空間への直接的なアプローチの重要性について

空間認識5-6_5ヌーソロジー
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日はψ5顕在化に向けて、私が大切だと思うことをお話したいと思います。

今日のお話は、前回のお話の深堀りになります。

この記事で学べること
  • 三種類の自我(S・W・T)の内容
  • 自我Sに対するアプローチがψ5への道
  • なぜ意識顕在化において、心に意識を向ける必要があるのか
  • 持続空間へのアプローチの重要性について

この記事の内容はψ5~6の学習になります。

次元階層の表
記事を読むときの注意点

以下の解説は、本家ヌーソロジーの内容を私流に解釈したものです。本家ヌーソロジーの解説とは異なりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

三種類の自我について

私は次元構造の表で、客体(自我意識)を三種類に分類しました。

次元階層の表
  • ψ4:客観(自我S)→シングル
  • ψ6:客体(自我W)→ダブル
  • ψ8:客体(自我T)→トリプル
natan
natan

まぁ~変な分け方ですね(笑)

これ、私の完全オリジナルなヌーソロジーです!

このように自我を分けたのには理由があります。

ψ4:自我S(シングル)

まずψ4の「自我S」について。

Sとは「シングル」の意味なんですが、これはψ3~4の領域において、はじめて「わたし」という意識が形成されます。

そしてψ4は、他者という鏡を通して、自我意識が形成されはじめる領域です。

人間の内面と外面02

他者という存在はψ4ですでに登場していますが、ここではまだ本格的な他者との交流は行われていません。

幼児を見ているとわかるのですが、幼児は自分中心に世界を見ており、他者を自分と同じように見ることはありません。

つまりψ4とは、「わたし」に対する観念をはじめて形成する場と考えました。

  • 他者の存在は「鏡」でしかない
  • 「わたし」と「わたしじゃないもの」の区別があるだけ

ということです。

ψ4は他者との本格的な交流はなく、「わたし」の存在を形成する場なので、

自我S(シングル)

という言葉を当てました。

ψ6:自我W(ダブル)

次にψ6の自我Wについて、Wとは「ダブル」の意味なんですが、ψ5~6の領域においてようやく、他者に対する認識を持つようになります。

ψ5~6_07

観察子を意識活動で見ていったとき、「自分には親がいて家族がいて、他者にも自分と同じく人生ストーリーがあるんだ」と、意識領域を他者の背景にまで広げられる段階です。

他者に対する認識を持つと、自己認識もより強化されます。

自分だけでなく、他者に対しても「あの人はこういう人だ」というように、独自の認識を当てはめます。

そうすると、

私はあの人とは違う存在だ。

というように、他者と自分を差別化することで、自我意識が強化されると考えます。

よって、他者存在が関わっている自我ということで、

自我W(ダブル)

という言葉を当てました。

また別の言い方をすると、ψ4で生まれた「わたし」に対する観念が「実体」を持った、そんな領域でもあると考えます。

ψ8:自我T(トリプル)

ψ8はまだ先のことなので、簡単に触れるだけにしておきます。

ψ8は自我Tで「トリプル」の意味があります。

複数の他者存在と関わっている自我、ということで言葉を当てました。

natan
natan

ちょっとこの領域は、まだ検証段階なのでハッキリしていません…。

「前」に行くために「後ろ」を突き抜ける

そして、ようやく今日の本題に入ります。 

前回と今日のお話をまとめると、ψ5の空間を思考し意識を顕在化させるためには、まずψ5はψ6が顕在化している状況下では、「心の中」に収縮しています。

ψ5~6_10

意識の方向性は自分の中心、つまり

心に向ける必要がある

と考えます。

さらにψ5という空間は、「前」という方向性を持っています。

ψ5~6_04

私はψ5を顕在化させるためには、「前(ψ5)」に行くために、意識の方向性を「後ろ」に突き抜けないといけないと考えています。

この「突き抜ける」という言葉の実践的な意味は、

ψ4で形成された自己認識に対する観念を再構築する

ということです。

ψ4で形成された自己認識に対する観念(自我S)を対象にして意識を心の中心へつねに向けること、これがψ5空間を思考することであり、意識の顕在化につながると考えます。

この自我Sを「突き抜ける」とは、

  • 自我のよろいを脱ぐ
  • 本音と向き合う

ということだと考えます。

人間型ゲシュタルトからの脱出です。

なぜ自己を見つめ直す必要があるのか

直接的な持続空間へのアプローチとなる

なぜ上記のように考えるのか、ヌーソロジーの構造論の面からお話します。

意識の顕在化とは、これまで潜在化していた持続空間が開いていくことを意味します。

その持続空間は、自分自身の記憶が保管されている場所であり、その記憶すべては「自分の人生そのもの」です。

自分がどのように今の自我を形成してきたのか、どういった本音を持っているのか、そういった記憶や心の活動に意識を向けると自ずと見えてくる、自分がこれまで歩んできた人生の思い出。

その人生という名の記憶を意識に上げて、整理していくことが、能動的な意識を持って、持続空間に直接アプローチしていく方法だと考えているからです。

道

また、個人的な感想としては、私が意識に変化をもたらすことができたのは、つねに自分自身と向き合って、自己内観と自己受容、感情の整理を行ない、受動的な意識を能動的なものへと変えて、人生を再スタートさせたからです。

それはヌーソロジーに出会う前のことであり、ヌーソロジーの構造論を知らなくても私はψ3、そしてψ5(のような)体験をすることができました。

ψ3を体験したときは、「不動のワタシ」という感覚だけでなく、「一度もこの場所を動いたことがない」という「記憶」も一緒に思い出したので、持続空間をしっかり知覚できたと個人的には確信しています。

同化の方向性は「前」ではなく「後ろ」だから

また、意識を後ろの方向へ向かわせることに関して、書籍『2013:シリウス革命』にも似たような記述があるのです。

それはψ5ではなく、次の領域であるψ7のときに触れられています。

ψ7において、

同化の方向性は「前」ではなく「後ろ」。

後ろを突き抜けて前に出る02
後ろを突き抜けて前に出る03

▼ 参考文献 ▼

のちほどお話しますが、ψ7に関しては、自己の「後ろ」が他者の意識空間になっているため、後ろを突き抜けることが必要になります。

ただ、私の実体験でいうと、ψ5も同じくψ4(自我S)を突き抜けることが必要だと感じるのです。

シリウス革命では、ψ7に関しては、

「自分自身を省みること。」

と書かれています。

私は、ψ5顕在化もこれと同様だと考えています。

主体との同化の方向性は「前」ではなく「後ろ」。

半田さんはこういった心理的なお話をされませんが、書籍『奥行きの子供たち』の共同著者である、元臨床心理士の春井星乃さんは、「自我を克服する大切さ」をお話されています。

▼ 参考文献 ▼

自我を克服することの大切さ

私はヌーソロジーに出会う前から、口を酸っぱくしてお話してきたことがあります。

  • 自分の本音と向き合おう
  • インナーチャイルドを癒してあげよう
  • いらないプライドや固定観念を捨てよう

現在は下記サイト『コスモ・ライフォロジー』の方で、心理に関する内容をまとめていますので、ご興味ある方はぜひご覧になってみてください。

ヌーソロジーを学ぶことで、ようやく自分が過去に行ってきた自己内観やエネルギー浄化の意味がわかったのです。

natan
natan

なぜ自分を癒すだけで、自分に素直になるだけで、現象に変化が起こるのだろう?

なぜ空間との一体感が出るのだろう?

その理由は、

意識を自分の中心に向けることで、自我を突き抜けて意識が「前」に出るから。

それによって、意識の反転が起こった。

ということだったのかなと思うのです。

ψ3で語らなかったこと

じつは、ψ3の顕在化もこれと同様に考えています。

以前アメーバブログの方でヌーソロジー解説をしていたときは、「ψ3顕在化に向けてのトレーニング」として下記記事を書きました。

しかし、記事タイトルを見ていただくとわかるように、「ψ3を理解するためのオススメ学習法」という言い方に変えました。

表現を変えた理由は、あくまで上記内容はψ3の空間構造を理解するものであり、持続空間へのアプローチは不十分だと考えたからです。

本家ヌーソロジーでも、意識の顕在化は「感性」経由だといいます。

なので、本家は音楽や詩、ビジュアル的なものなど、感性を刺激する芸術的な要素を用いて、ヌーソロジーを表現しているのだと思われます。

私が考えるに、芸術を通して何かに感化されたその先には、何かしら自分自身と向き合う状況があるように思います。

やはり本家ヌーソロジーの表現も、直接的な持続空間へのアプローチなのかなと思います。

そして、空間構造を理解するのは「思形(シケイ)」なので、思考活動なんですよね。

なので、まずは空間構造を思考活動を通して理解して、そこから持続空間へアプローチしていくのがいいのかなと思っています。

そして、今日の結論として、私が考えるヌーソロジーでは、持続空間へのアプローチは「自己を省みること」、この作業が必要になってくると考えています。

まとめ

ヌーソロジーの学習は、おもに思考活動に重きをおくことが多いため、持続空間へのアプローチは忘れられがちです。

しかし、シンプルに考えて、意識の顕在化は持続空間を開いてくことです。

そう考えると、構造論となんら関係性がないように思われる持続空間へのアプローチは、とても重要な作業だと私は考えます。

今回お話させていただいたのは、私なりの個人的な提案として「自己を省みること」をご紹介しました。

これ以外にも、持続空間へのアプローチ方法はあると思いますので、みなさんそれぞれで探していただいてよいと思います。

「自己を省みる」という点で何かしらピーン!とくる方は、私がもう一つ運営しているサイト『コスモ・ライフォロジー』の方で、詳しく心理面のお話をしていますので、ご興味ある方はぜひご覧になってみてください。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました